受容的・共感的な聴き方の副作用

ここでは、受容的・共感的な聴き方の副作用 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログで紹介している、受容的・共感的な対応を実践なさったS・Kさんから、感謝のメールをいただきました。お嬢さんがうつ病だそうです。

娘の状態によってどんな対応をとったらよいか? 気分が沈んでいるときは? しゃべってくれないときは? 元気になってきたら?

鬱病のことは本やインターネットで勉強しているものの、かかわり方はおおざっぱにしか書いてなくて、一人悶々としていました。主治医には本人を目の前に聞くことも出来ず、本人も主治医にそこまで心を開いていないので、受診では大丈夫と言ってしまい、先に進めないと感じていました。

娘の言動に一喜一憂し、振り回されていたというか、私自身どうしてよいか根本が解っていないため、振り回っていたと思います。そのため、娘に対して怒りの感情があった。また、助けてくれない家族にも怒りの感情があった。

今までは話をよく聴くことが出来ていなくて、何か言ってくると、話の途中で「こうしたほうがあなたのためにいいんじゃない」と押し付けていたため、娘は本当の気持ちを十分話せていなかったと思います。

考えてることはわからない部分もありますが、傾聴し気持ちに共感することで安心の様子が伺えます。実践して、笑うことや甘えてこることが多くなり、とにかく家族で過ごすことが多くなった。家族団欒です。

まだ、娘はどんな風に考えているんだろうと深く考えることは出来ていませんが、自分の気持ちを分析するようなくせが出来てきて、私も冷静に気持ちを伝えることが出来るようになった。そうすると、お互いの誤解もとけ、気持ちもスッキリします。焦りは全くないとは言えませんが、今の状況を良かった、嬉しいと感じるようになりました。


自分の気持ちを受容・共感する


受容的・共感的に相手の話を聴こうと心がけると、S・Kさんのように、自分自身の気持ちの動きについても敏感になります。「気持ち」に対する感受性が磨かれるからです。そうすると、落ち着いて対応できるようにもなります。

嫌な感情は赤ちゃんのようなもの


私は、よく「嫌な感情は、赤ちゃんのようなものだ」と説明します。赤ちゃんは、言葉で自分の欲求を訴えることができません。ですから、おなかがすいたり、おむつが濡れて気持ち悪くなったりすると、泣いて訴えます。

そのとき、周りの大人がすぐに気づいてあげて、「よしよし、今すぐミルクを作ってあげるからね。もうちょっと待っててね~」とあやしてあげると、まだ空腹は癒されてはいませんが、赤ちゃんはだんだんと泣き止んでくるものです。

ところが、放ったらかしにしておくと、「何? 気づいてくれないの? だったら、もっと大声で泣いてやる!」とばかり、さらに大音量で泣きわめくでしょう。

嫌な感情もそれと同じです。何かを周りの人やあなた自身に訴えているのです。何か大切なことに気づいて欲しいのです。そして、その感情を否定せず、じっくりと味わって認めてあげると、赤ちゃんが泣き止むように、だんだんと収まってきます。

他者受容は自己受容に比例する


他の人にどれだけ受容的・共感的な関わり方ができるかというのは、自分に対してどれだけ受容的・共感的に関われるかにかかっています。そして、他の人への受容的・共感的な関わり方を学ぶことは、自分に対する関わり方を学ぶことでもあります。

このブログや、無料でお配りしている冊子に書かれている対応法を、どうかご自分にも使ってみてください。あなたの心の声に、まずあなたご自身がじっくりと耳を傾けてあげてください。それが、患者さんへの対応力を育てますから。



コメント
この記事へのコメント
根に持っている。
2010/02/27(土) 12:25 | URL | はりり #-[ 編集]
最近このブログを見付けて
読んでます
パソコンがないので
出来れば携帯からメルマガや
相談メールを送れたらなと
思ってるのですが
どうすればよいでしょうか??
2010/03/08(月) 01:42 | URL | ばう #fS7rbBvc[ 編集]
ばうさん。
それでは、hermes★psycomu.comまでメールください(★は小文字の@に変えてくださいね)。
2010/03/08(月) 07:57 | URL | 増田泰司 #tZDc9YLU[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/08/09(水) 14:51 | | #[ 編集]
メールでお返事します
2017/8/9にコメントくださった方へ。書き込みありがとうございました。メールでお返事いたします。
2017/08/09(水) 17:16 | URL | 増田泰司 #L1ch7n1I[ 編集]
コメントを投稿する

 スパムコメント対策で、URLを記入禁止にしました。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。