ここでは、 に関する情報を紹介しています。

患者さんが聞きたいメッセージ


「あなたは、私にとって大切な存在です」。

このメッセージは、うつ病の患者さんが一番あなたから聞きたいと思っているものです。

うつ病の患者さんは、自分という「存在」の価値に自信を持っていません。

「私は、ここにいていいんだろうか?」
「私に、生きている価値なんかあるんだろうか?」
「もしかしたら、存在する価値なんかないんじゃないか?」

もちろん、100%「自分はいてはいけない存在だ」と確信している人はいません。もしそう信じていたら、その人は生きてはいませんから。

だから、今生きているということは、心のどこかで、

「私は、ここにいていいはずだ」
「私は、ここにいていいだけの価値があるはずだ」
「自分の存在は、ここにいる人に喜ばれているはずだ」

と思っているということです。たとえ、うつ病の人であっても、です。

しかし、うつ病の人は、この確信がかなり弱くなっています。そして、「本当は、自分には存在する価値なんかないのでは?」という
疑問が、病気でない人よりも強く心の中にあります。

うつ病が治っていくということ


うつ病は脳神経の病気ですから、うつ病が治っていくということは、その不調が整えられていくということです(抗うつ剤などの薬は、その不調を整えるために用いられます)。

しかし、心の側面に目を向けるなら、うつ病が治っていくということは、自分の存在価値をだんだんと信じられるようになるということです。

「私は、ここにいていい」
「私は、ここにいていいだけの価値がある」
「自分の存在は、ここにいる人に喜ばれている」

と、強く信じられるようになるということですね。

どうしたら存在価値を信じられるようになる


では、こういう確信はどのようにしたら手に入れることができるのでしょうか。それは、他の人から

「あなたは大切」
「あなたがここにいてくれることが、私には嬉しい」

というふうに扱われることです。

医師は、薬などを使って、「脳神経の病気」としてのうつ病を治療してくれます。

カウンセラーは、精神療法などを使って、ついつい無理をしすぎたり、人に気を遣いすぎたりして、心が疲れてしまう生き方の癖を修正する手伝いをしてくれます。

でも、「あなたが大切」というメッセージを伝えるのは、医者やカウンセラーよりも、家族や恋人や友人であるあなたの方がずっと上手にできることです。

「仕事ができるから」とか、「若くてきれいだから」とか、「こういう能力があるから」とかいう条件付きではなく、

「とにかくあなたのことが大切なんだ」
「とにかくあなたがいてくれることが嬉しいんだ」

そういうメッセージは、患者さんも、あなたから一番聞きたいと思っているのです。

このブログや無料冊子でお伝えしているようなさまざまなテクニックは、結局のところ、「私にとって、あなたは無条件で大切な存在だよ」というメッセージを伝えるための方法です。

うつ病だからこそ


うつ病になると、「自分が大切な存在だと思える証拠」をどんどん失っていきます。

仕事ができなくなります。容姿に気を使えなくなります。家族を喜ばせるどころか、心配掛けっぱなしになります。それどころか、重症になれば、立ち上がることすらままならなくなり、一日中寝てばかりになります。

だからこそ、家族からの「どんな状態でも、あなたがいてくれることが嬉しい」というメッセージが必要なのです。

Aさんが回復したきっかけ


Aさんは、重度のうつ病で、自殺をはかりました。幸い、未遂に終わりましたが、その時奥さんにこう言われました。

「仕事に行けなくてもいい、一生寝たきりでもいい、あなたがこうして生きていてくれることが、私は嬉しい!」

今はすっかり回復しておられるAさんですが、そのきっかけは奥さんのこの一言だったとおっしゃいました。

毎日1回でいいので


ただ、うつ病の人は頑固なので、なかなか「あなたが大切」というメッセージを信じてくれません。でも、それは順調なことです。

ですから、あきらめないで、毎日1回でもいいので、

「そのままのあなたがすばらしい」
「そのままのあなたが大好き」
「あなたがいてくれることが嬉しい」
「あなたがいなくなったらって思ったら、悲しくなる」

など、いろんな言い方で、いかに患者さんがあなたにとって大切かを語ってあげてください。


このブログは、うつ病の患者さん向けではなく、その家族や恋人、お友だちのためのブログです。

うつ病の患者さんに対して、どのように対応したらよいかということを書かせていただいています。心構えや、具体的なコミュニケーションの方法ですね。

また、知っておくと助かる、うつ病に関する情報も提供しています。


無料冊子


ただ、ブログというのは、以前の記事を読むのはちょっと面倒ですね。また、その時々の興味関心とか、いただいた質問などによって記事を書きますから、内容が体系的にまとまっているわけでもありません。

そこで、しばらく前に、うつ病の患者さんへの対応法をまとめてマニュアルのようなものを作りました。「うつ病の家族への対応マニュアル」と言います。

そちらは有料なんですが、そこに書かれている対応法のうち、すぐに実践できるものをダイジェスト版としてまとめて、無料でプレゼントさせていただいています。


2つの形式が選べます


この無料冊子には2つの形式があります。

一括ダウンロード形式


こちらは、インターネットからPDFファイルをダウンロードしていただく形式です(有料の方は、ダウンロード版だけでなく、冊子版でも販売しています)。内容が、1つのファイルにまとまっています。

ただし、携帯電話(いわゆるガラケー)しかお持ちでない方や、パソコンやスマホでPDFファイルが読めない方は利用していただけません。

メールセミナー形式


こちらは、1冊にまとまったものではなく、内容を小分けにしたものを、メールでお送りする形式です。お申し込みいただいたら、毎日、自動的に順番にお送りします。

ただ、テキストメールですから、ワープロのように、字の大きさや色を変えるなどの装飾ができません。ですから、上述の一括ダウンロード形式に比べると、あまり読みやすくはありません。

そこで、パソコンをお持ちの方は、一括ダウンロード形式の方をお勧めします

申し込み方法


「うつ病の家族への対応マニュアル」の無料ダイジェスト版をご希望の方は、以下のサイトからお申し込みください。

必ず、psycomu.com からのメールを受け取れる設定にしてからお申し込みください。特に携帯や、Yahooメールなどのフリーメールをお使いの方に、私からの入手方法をお知らせするメールが届かないケースが頻発しています。

一括ダウンロード形式をご希望の方は
 → こちらから (パソコン、スマホ向けです)

メールセミナー形式をご希望の方は
 → こちらから (ガラケー向けです)



読者の方からご質問をいただきました。本人の許可を得て、公開させていただきます。

Sさんからの質問


はじめまして。Sといいます。

妻がうつ病4年目で、再発してしまいました。

彼女とは7月に結婚したばかり。環境の変化(都会暮らしから田舎暮らしへ)、結婚、僕の不理解が原因で再発したのだと思います。

彼女との接し方で迷いに迷い、ここにたどり着きました。

ちなみに彼女は遠く県外の実家で療養していて、今別居中です。彼女は僕には放っておいてほしいと言っていて、電話で話をするとストレスになるとのことで、3,4日に一度メールのやり取りをしています。


妻は今希死念慮(増田註:はっきりした理由なく死にたくなること)で 苦しんでいます。僕も本で最近この言葉を知り、彼女に今も死にたいと思っているのか教えて欲しい、そして生きていて欲しいと伝えました。

すると、

「死にたいなんて毎日何回も思ってる」
「死んじゃいけないから、苦しんでいるのに」
「そんなに簡単に死ぬな」なんて言わないで」
「4年もがんばったのに再発だなんて・・・」

最後には今日医者に行くから心配しないでと、感情的な言葉が返ってきました。

うつの症状がひどく、悲痛な叫びなのだと理解しています。

彼女が感情的に話してくれたことを僕自身前向きには捉えていますが、この捉え方が正しいのか不安です。こんなときはどう受け止めたらいいのでしょうか? そしてこんなときはどう応えてあげたらいいのでしょうか?

アドバイスお願いできませんでしょうか? よろしくお願いします。

Sさんへの回答


こんばんは。心理カウンセラーの増田泰司です。

ブログ「うつ病の家族・友人との接し方」をお読みくださり、コメントまでくださって、ありがとうございます。

結婚したばかりでの別居。どんなにかおつらいことでしょうか。

しかし、Sさんが奥さまの悲痛な叫びを、それでも冷静に前向きに受け取ろうとなさっているのは、すばらしいと思います。

心配している相手に感情的になられると、切なさが高じて、ついつい売り言葉に買い言葉になってしまいがちなんですが、Sさんのその力は、いったいどこから来るのでしょうね。

さて、ご質問をいただいていましたね。

まず大切なのは、奥さまの悲痛な叫び、

>「死にたいなんて毎日何回も思ってる」
>「死んじゃいけないから、苦しんでいるのに」
>「そんなに簡単に死ぬな」なんて言わないで。」
>「4年もがんばったのに再発だなんて・・・」

をどう翻訳するか、ですね。

おそらく、うつ病になり、希死念慮を持っておられることを、一番とまどい、残念に思い、悲しんでおられるのは、誰あろう奥さまご本人です。

そして、うつ(しかも再発)になってしまった自分、どうしても死にたくなってしまう自分を責めていらっしゃるようです。

(うつ病というのは、とにかく何でもかんでも「自分はダメ人間」という証拠にしてしまう病気ですからね)。

なので、周りの人間がちょっとでも「治そう」とすると、なかなか良くならない自分を責めてしまいます。

ちょっとでも「励まそう」とすると、なかなか元気になれない、前向きになれない自分を責めてしまいます。

治すのは、医者やカウンセラーに任せちゃいましょう。

家族、特に夫であるSさんの仕事は、奥さまが、自分たちにとって大切な存在だということを伝え続けることです。

奥さまの調子が良くても悪くても、Sさんは一貫して、「君を愛している」と言い続けてください。「君は僕の宝物なんだ」と言い続けてください。もうすでになさっておられると思いますが、さらに続けてくださいね。

これを伝えるのは、励ますため、じゃないですよ。そんなふうに言えば、奥さまが元気になるから、じゃないですよ。

先に申し上げておきますが、そう言ったからといって、奥さまは元気になったりはしません。もしかしたら、「そんなの信じられない」と否定したり、「口ばっかり」と責めてきたりするかもしれない。

でもそれは、翻訳すれば、「信じさせて」「本気だって分からせて」とおっしゃっているのです。

「じゃあ分からせてやる」とムキになるのはいけませんが、淡々とさりげなく、そしてしつこく、「君は僕にとって大切な存在だ」というメッセージを語り続けてください。

現にSさんは、奥さまがうつであるとか、ないとかにかかわらず、奥さまのことを愛しておられますものね? だから、事実を事実として伝えるだけ、というスタンスで語るのです。

「今日はいい天気だね」とか、「今日は雨が降っているね」とか言うのと同じように、事実だからそう言っているだけ、ってスタンスです。そうすると、いつの日にか、奥さまの心に届きます。

コップに一滴一滴水を入れているようなものだと思ってください。すぐにあふれたりはしません。でも、いつか必ずあふれ出します。

希死念慮について


なお、希死念慮については、ちょっと知恵が必要です。うつのままでいいといっても、死なれるのは困りますからね。

その場合、「死んじゃダメ」とか、「死ぬなんて言っちゃいや」と言うのはよろしくありません。奥さまは、「うつで希死念慮を持っている自分が、責められている」と、感じるでしょうから。

そうじゃなくて、「死なないで欲しい」と、自分の気持ちを伝えるというやり方がいい方法です。Sさんは、そうおっしゃったんですよね? すばらしいです。

でも、奥さまはそれに対して感情的になられました。

それは、Sさんの対応がまずかったからではありませんよ。そういう病気なんです。何でもかんでも、自分を責める材料にしてしまうのです。なので、今回のご自分の対応を責めないでくださいね。念のため。

じゃあ、そういうふうに感情的になった場合にどう対応するか、ですが、

「そっかぁ、死なないようにがんばってくれてるんだね。
 つらい思いさせてるね。
 でも、生きていてくれてありがとう」

というのはどうでしょうか。

うつの患者さんに「がんばれ」は禁句だとよく言われます。実際、体も心もあまり動きませんが、そんな状態でもむちゃくちゃがんばっているのです。

だから、そう言われると、「がんばってないって言うの?」と悲しくなったり、「この上、まだがんばらなければならないの?」と追い詰められたりしますから。

だから、「がんばって」ではなく、「がんばっているね」と、そのがんばりを認め、ねぎらってあげるのです。

そして、本人は死にたいのに、家族を悲しませないために、心と体にムチを打って生き続けてくれているわけです。その愛情に対しては、当然「ありがとう」ですよね?

いくら書いても書ききれませんね。この辺にしたいと思います。

感想、質問大歓迎


またこれからも、お役に立てるような記事を書かせていただきます。

どうぞ、困ったことがあったら、一人で抱えないでくださいね。コメントでも、メールでも、いつでもご相談ください。

【感想や質問は、左のフォームから】

携帯などでフォームが使えないという方は、直接「メルアド」にご連絡ください。

携帯メールをお使いの方は、パソコンメールを受け取れるような設定にしてください(せめて、私の上記のメールを受け取れる設定に)。お返事をしても届かないケースが頻発しています。

なお、感想や質問は、メルマガ内で紹介する場合があります。もちろん、プライバシーは守りますが、掲載不可の場合にはその旨ご連絡を。
今回は、何人かの質問メールにお返事して、ちょっと評判の良かったお話をさせていただきます。
メールをくださる方は、こちらの記事(注意事項)もお読みください。


ちゃぶ台返しと不登校の家庭


私の知っている教会に、Mさんという主婦が通ってこられるようになりました。

この方のご主人は、巨人の星の星一徹のような方でした。気に入らないことがあると、怒鳴りつけるは、文字通り「ちゃぶ台返し」はするは……。星一徹さんは、シリーズ中1回しかちゃぶ台返しをしてませんが(エンディングで毎週ちゃぶ台返しのシーンが出てくるので、「星一徹=ちゃぶ台返し」のイメージが定着してしまったようです)、このご主人はほぼ毎日だったそうです。

そんなわけで、家庭内は緊張しっぱなしでした。特に、子どもたちがダメージを受けました。お子さんが4人いますが、全員不登校になってしまいました。そんな中で、Mさんは孤軍奮闘していたんですね。

演劇サークルとの出会い


さて、Mさんはひょんなことから教会に通うようになり、しばらくすると、そこの演劇サークルに入らないかと勧められました。ただ、最初は遠慮していました。だって、子どもたちは苦しんでいるのに、自分だけ楽しむなんて、申し訳なく思ったんですね。

でも、クリスマスやイースターのイベントでみんなが楽しそうに劇を披露しているのを見て、自分も試しに入ってみようかなぁと思いました。そして、実際にやってみると、思いのほか楽しいのです。そして、いい息抜きになりました。こうして、Mさんは、喜んで練習に通うようになりました。

息子の一言


クリスマスの集会が教会で行なわれた日、Mさんは子どもたちを誘いました。集会が終わって家に帰ると、長男がMさんの顔を見るなりこう言いました。

長男 「おふくろっ、こういうの毎日無いのか?」

Mさん「いや、年に2、3回だろうけど、なぜ?」

長男 「おふくろのこんな幸せそうな顔、生まれて初めて見たから。俺、お袋のそういう顔、もっと見てたい」

その後


このことがあってから、間もなく長男さんは、アルバイトを始めることができるようになりました。他の3人も、どんどん元気を取り戻していきました。ご主人の暴言・ちゃぶ台返しも無くなりました。

今、Mさん一家は、以前が想像できないほど、仲のいい家族です

息抜きしましょう


うつ病の患者さんは、つらそうにしています。そんな姿を見ていると、自分が楽しむなんて申し訳ない……。Mさんじゃなくても、そう思いますよね?

でも、あなた自身、精神的にストレスをためすぎると、余裕がなくなってしまいます。すると、表情がきつくなってしまったり、ちょっとしたことでイライラしてしまったり、言い方がつっけんどんになってしまったりします。

あるいは、患者さんと一緒になって、不安感に振り回されたりするかも知れませんね。

それは、患者さんにとっては、よけいにつらいことです。

ひどくなると、家族もうつ病になってしまうことも……。もちろん、うつ病は感染性の病気ではないんですが、そういう意味では「ウツる」病気なのですね

だから、患者さんを支える家族は、上手に息抜きすること、上手に楽しむことが大切です。

申し訳なく思うかも知れませんが、実は、そうやってあなたが幸せでいることが、
患者さんにとっては大きな力になるのです。

さてさて、どうやって息抜きしますか? どうやって楽しみましょうか? 良かったら、私にも聞かせてくださいね。



セミナーで教えるために、出張してきました。私は無類の面倒くさがり屋なので、出張の時は、たいていコンビニ弁当とか、ファミレスとかで食事を済ませてしまいます。なので、全国どこに行っても同じような食事になってしまうんですよね(^^;

ところが、今回は、「うつ病の家族への対応マニュアル」読者の方たちとオフ会をいたしまして、珍しくご当地の名物をいただくことができました。おいしかったです!

さてさて、今日の話は……

ジャック・ニクラスの妻


ゴルフの帝王ジャック・ニクラスは、多くの輝かしい記録を持っていますが、同時に家族愛の深い人としても有名です。そして、家族も彼を愛し、支えました。

奥さんのバーバラさんは、調子を崩したジャックのフォームを見て、いつもよりも左肩が下がっていることに気づきました。そこで、こう言いました。

「あなた、左肩が下がっているから、調子を崩しているのよ」

……ではなく、

「あなた、左肩をもう少し上げるとステキよ!」

肯定的に表現してみよう


同じ事を言うのでも、否定的な言い方もできれば、肯定的に言うこともできます。

聞く側に立てば、「~はダメだ」「~されると嫌だ」と言われるよりも、「~がいい」「~してくれるとうれしい」と言われた方が、何だか受け止めやすいですね。


相手の言動に困ったとき


患者さん(や他の人)の言動に困ったとき、困った気持ちのままコミュニケーションを取ろうとすると、どうしても相手を責めるような言い方になりがちです。

「どうして、いつもそんなことばかり言うの?」
「病院に行かないと、ちっとも良くならないでしょう?」
「そんなに買い物をしたら、生活費が無くなっちゃうじゃないの!」

そこで、まず「どうしてもらったらうれしいか」を考えてみてください。「どうされたら嫌か」ではなく、「どうされたらうれしい(安心だ、ホッとする、楽になる……)か」です。

そして、「こうしてもらったらうれしい」ということを、相手に伝えるようにしましょう。

「私たちを残して死んだりしないって約束してくれるとホッとするわ」
「病院に行ってくれると、安心だなぁ」
「買い物をしたいと思ったら、事前に私に相談してくれるとうれしいな」

すると、相手も受け止めやすくなるだけでなく、あなたも「幸せ」の方向に目を向けることができますから、今よりずっとストレスが軽くなるはずです。